パスポートの住所や姓名変更の仕方

そうそうあることではないんですが、パスポートの住所や姓名変更の仕方について、説明しておきましょう。結婚して姓が変わった場合など、下手をすると新婚旅行に行けない、なんてことにもなりかねませんからね。以下のような場合、パスポートの変更申請が必要です。

1.婚姻や養子縁組等により、戸籍上の姓を変更した場合
 →要するに、結婚して改姓した場合などです。

2. 家庭裁判所の許可を得て、戸籍上の姓又は名を変更した場合
 →当てはまる人は少ないでしょうが、念のため…。

3. 国際結婚により配偶者の姓を別名として追記する場合
 →外国人の旦那、または奥さんの姓に変える場合ですね。

4.本籍の都道府県名が変わった場合
 →これは要注意です。

ただ、以下のような場合はパスポートの訂正手続の対象になりません

(1)同じ都道府県内で転籍した場合は、パスポートの記載に変更がないので変更の必要はないです。

(2)住所を変更した場合。住所はパスポートの記載事項じゃありませんからね。

パスポートの変更・訂正方法は次の2通りです。

1.パスポートを新しく作りなおす
2.現在のパスポートの記載事項を訂正する

訂正するために必要な書類は、
1.一般旅券訂正申請書…1通(申請書は旅券課窓口にあります。)2.戸籍抄本または戸籍謄本…1通
3.現住所が確認できるもの…1点
4.現在お持ちのパスポート 
5.その他 国際結婚により配偶者の姓を別名として追記する場合には、綴りの確認のため、配偶者のパスポート又は外国政府発行の婚姻証明書等。

バスポートの変更手数料は、オンリー900円。戸籍が訂正されるまでは、婚姻届を出してから約2週間かかります。ですから、婚姻届を結婚式の前後に提出して、すぐに新婚旅行に行く場合は、旧姓のパスポートでも大丈夫です。それ以上の場合は、要注意。

パスポートに問題があったら、海外旅行以前に日本を出られませんからね。実に覚えのある方は、早めに対処しておきましょう。



海外旅行初心者なら、ここが一番安心!
信頼度No.1のツアー・航空券予約サイト。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。